相続手続き事例集

【事例11】相続放棄したはずなのに・・・

相談者Aさんとその兄Bさんのもとへ、金融機関から一通の手紙による連絡がありました。

 

文面によると「叔父であるCさんが亡くなり、その借金を返してほしい」とのこと。

Aさん、Bさんは大変驚かれました。

というのも、AさんBさん2名の父親Dさんと、母親及び祖父母はすでに亡くなっており、Cさんの存在は、かろうじて覚えているに過ぎない中での連絡だったからです。

一番不思議に思ったのが、AさんBさんは父親Dさんの相続放棄を、以前に済ませていたのに、「なぜ叔父であるCさんの借金の督促を我々が受けなければならないのか」ということでした。

 

上記のケースは、Dさんの相続放棄をしている・いないに関わらず、代襲相続となるケースですが、AさんBさんにとってみると「父親の相続放棄をしているのだから、我々は相続人にはならないはず」との思い込みがあったようです。

しかしながら、AさんBさんが行った相続放棄は、あくまで「父親であるDさん」の相続放棄であり、「叔父であるCさん」の相続を放棄したわけではないので、今回、叔父Cさんの相続が発生した場合は、あらためて叔父Cさんの相続放棄の手続を行う必要があるのです。

 


 

民法第939条(相続放棄の効力)

「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす」の条文中、『その相続に関しては~』の部分にあたります。

事例別カテゴリー

2018年10月1日現在63,079件

無料相談受付中

0120-783-424 電話: 0748-36-5114 受付: 9時~18時 (日・祝除く)

※事前予約により日祝でも無料相談可能

無料相談する

全ての相続手続きを代行します。相続・登記・税務申告・遺族年金、ご相談下さい。滋賀県全域で出張による無料相談実施中!(出張料として¥2,000必要)

  • 3分でわかる!!ご予約から無料相談までの流れ
  • 手続きをわかりやすくチェック!!相続手続きに必要な手続き108項目
  • 相続手続き事例集
  • アクセス情報