よくあるご質問

~相続手続は70~90項目もある?~

相続が発生し本葬・初七日・四十九日が終わりその後、亡くなった方の不動産の所有権移転・預貯金の名義変更・遺族年金の手続き・生命保険金の請求・公共料金の名義変更・クレジットカードの停止等一般的に70~90項目もの手続きを行わなければなりません。しかも、ご本人は既に存在しない為に相続人がこれらの手続きを行う場合には、まず、相続人全員が誰であるかを証明し、これらの手続きを行うことができる権利を持っているのが誰であるか、名義変更であればその財産を取得することができる法的根拠を示さなければなりません。勿論これらの手続きは相続人の方ご自身で行うことは可能ですが、これらの手続きを総括して取りまとめることを行わないと、何度も同じ資料を取り寄せたり、何度も相続人全員が集まって実印を押印したり、手続きの漏れによる不要な会費の支払が続いたり、又は保険金や行政から支給される補助金等の請求漏れが非常に多くみられます。

当センターには、約33,000件超の実績がある全国48支部のネットワークを設けております。相続が発生した後の手続きについてどのように行ったらよいのか悩んでおられる方に対して無料相談を行っております。今後必要となる手続きと発生する費用の見積もりを提示させて頂き、ご理解を頂ければ当センターにご依頼いただくシステムを取っておりますので、まずは気楽にご相談して下さい。

2018年10月1日現在63,079件

無料相談受付中

0120-783-424 電話: 0748-36-5114 受付: 9時~18時 (日・祝除く)

※事前予約により日祝でも無料相談可能

無料相談する

全ての相続手続きを代行します。相続・登記・税務申告・遺族年金、ご相談下さい。滋賀県全域で出張による無料相談実施中!(出張料として¥2,000必要)

  • 3分でわかる!!ご予約から無料相談までの流れ
  • 手続きをわかりやすくチェック!!相続手続きに必要な手続き108項目
  • 相続手続き事例集
  • アクセス情報