相続手続き事例集

【事例3】よく似た名前「相続放棄」と「財産放棄」

るAさんの相談内容です。「半年前に主人が亡くなり、その相続の手続きを今回したいのですが・・・」から始まり、「私は一切財産を相続する気持ちは無く、子供達2人に全部相続させたいのですが、今さら相続放棄もできないので、やはりいくらか財産を相続するしかないのでしょうか」というものでした。

相続放棄をする場合は、3ヶ月以内にしなければならないところ、既に期限が過ぎてしまっているので、相続する気もちが無いにもかかわらず相続しなければならない、何かもどかしさをAさんが抱いている様子でした。「子供達2人が相続する内容の遺産分割協議書をきちんと作れば、相続放棄をしなくても大丈夫ですよ」の一言でAさんが安心されたのも言うまでもありません。

下の表で※がAさんの「気持ち」であり、「とるべき方法」でした。

多くの場合、相続放棄をするのは、借金が多くてどうにもならない状況の時なのですが、Aさんのように借金(負債)が多いわけでもないのに、「相続しない=相続放棄」と結びつけてしまう傾向にあります。

世間一般でよく言われる、相続放棄は実は財産放棄であることがほとんどです。しかし、財産状況(プラス財産、マイナス財産)は、できるだけ早めに全体を把握する必要があります。

 

相続人の地位 プラス財産 マイナス財産 手続き方法
相続放棄 相続人でなくなる 承継しない 承継しない 家裁の申立(3ヶ月以内)
財産放棄 相続人のまま ※承継しない 承継する ※遺産分割協議による

 

事例別カテゴリー

2018年10月1日現在63,079件

無料相談受付中

0120-783-424 電話: 0748-36-5114 受付: 9時~18時 (日・祝除く)

※事前予約により日祝でも無料相談可能

無料相談する

全ての相続手続きを代行します。相続・登記・税務申告・遺族年金、ご相談下さい。滋賀県全域で出張による無料相談実施中!(出張料として¥2,000必要)

  • 3分でわかる!!ご予約から無料相談までの流れ
  • 手続きをわかりやすくチェック!!相続手続きに必要な手続き108項目
  • 相続手続き事例集
  • アクセス情報